×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めての喪中ハガキ作成での失敗

安く作ろうとして結局遠回りの喪中はがき!

義母が亡くなったことで初めて喪中ハガキを作ることになり、
主人と話し合った結果、費用が安く済むという理由で市販の喪中ハガキを購入しました。
あいさつ文のみ印刷されており住所や氏名はホームページからテンプレートをダウンロードして作成できるというものでした。

 

いざ作成に取り掛かろうとすると上手くいかず試行錯誤していると、
なんと自宅のパソコンにはMicrosoft wordが入っていないことが分かりました。
テンプレートを使用するにはソフトが必要だったのです。
主人も私もパソコンには疎く、そんなことを確認することなく喪中ハガキを購入していました。

 

住所や氏名だけならなんとか印刷できないかといろいろ試しましたが上手くいかず、
手書きで書こうかとも思いましたが不恰好な気がして断念しました。

 

結局、近くのコンビニで喪中ハガキの作成を依頼して送ることが出来ましたが、
市販の喪中ハガキ代や時間もかかってしまったしケチケチせず最初からすべてお願いしておけば良かったと後悔しました。

 

もし、また喪中ハガキを作成することになったら迷わずお願いしようと思いました。